スポンサーリンク

婚活の場ってどうすごしてる?

皆さんは婚活の場に行かれた場合、必ずすることってありますでしょうか。婚活の目的は、結婚することです。目的が明確ならば、そのためにやるべきことってありますよね。まさかとは思いますが、なんとなく飲みに行って、なんとなくしゃべって、帰ってくるわけじゃないですよね。

結婚を見据えているなら、たくさん聞きたいことあるでしょ。

私は、婚活する際には、必ず聞く質問を用意していました。そして、必ずすることも用意していました。常にどんな婚活の場でも同じことを聞くのです。その反応たるや千差万別。本当に様々です。でも、同じことをいろんな人に聞くから良いのです。違いが明確に見えてきます。

必ず聞くのは・・・

新婚生活

私が婚活で必ず聞いていたことは、結婚後のイメージ。どんな結婚を理想としているかです。

具体的に言いますと、

  1. 結婚後も働きたいか。
  2. 子供は欲しいか。
  3. 住むところはどこでもいいか 転勤のある私について来てくれるか。

などなど。こちらから聞いていました。人によっては、聞いてもいないのに、女性の方からアピールしてくる方もいましたが、こちらから聞きたいことを聞いていました。

女性から結婚後のことをアピールされた経験のなかでも変わっていたのは、看護師の方で、『自分と結婚したら、両親の面倒は私が見ます。』と宣言する方もいました。しかも初対面で。とても美人で素敵な方でしたが、私には理解できない部分がありましたのでそれ以降、個別に合う機会はありませんでした。

でもその方は、今現在は、私の大学の後輩と結婚して、とても幸せな生活をしています。私には見る目がなかったのでしょうね (笑)

徐々に聞きづらいことを聞く

私はちょっと気に入った女性を発見すると、初回は楽しい話ばかりしていました。これは、その女性と仲良くなりたいので、純粋にその出会いを楽しんでいたのです。

ただし、私がやっていることは婚活です。単純に彼女を探しているのとは、ワケが違います。2回目からは、リアルな話も少しづつ混ぜていました。子供欲しい?転勤になったらどうする?宗教は?・・・などなど。

特に私が聞きたかったのは、住居や転勤についてどれくらい理解があるかというポイントでした。これは、昔の彼女との苦い経験があったからです。付き合っているときはわかりませんでしたが、婿養子になってほしいような希望をもった女性でした。

相手を否定はしないが、自分に合うかを知ろう。

結婚と一言で言っても、それに対するイメージは千差万別です。結婚について、他人がどのようなイメージを持っているかは自由です。

ただ、結婚相手を選ぶにあたっては、自分に合うかは確認しておく必要がありますよね。

例えば、30歳くらいでであったみきちゃん。毎日家の中ではEXILEを流してるとのこと。人間的には物凄く素晴らしい女性でした。

ですが、家では一日中、EXILEの音楽を大音量で流さないといられないそうです。

友達としてはアリですが、結婚するとなるとちょっとなーと思ってしまいました。こんなこと言ってたから、婚期が遅れたんでしょうかね。でも、趣味が音楽のみといわれて、ライブに行こうと言われても、全く私は興味がわきませんでした。

プロポーズ前にはすべての確認を終えよう。

このように、今回はわたしの例を話しましたが、みなさんも結婚に対しては、こだわりがあると思います。そのこだわりは、決して悪いことではありません。ただし、他人にとっては合う・合わないがありますので、少なくともプロポーズ前までには、結婚相手となる方に確認しておきましょう。

私のように、婚活の初期段階で確認するというのもありですね。ぜひ、後悔しない結婚をするためにも、こういった地道な確認を怠らないようにしてください。

 

スポンサーリンク