スポンサーリンク

婚活パーティーについて

本日は私もたくさん行った婚活パーティーの実態についてご紹介したいと思います。

婚活パーティーは、気軽に参加ができて、婚活を目的にした人とたくさん話ができるのでとても便利な婚活のイベントです。

ただし、万能と言うわけではなく、メリットもあればもちろんデメリットもありますので、この辺を10分理解した上で利用すればとても利用価値のあるものになります。

50回行ってわかったこと。

7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s

私自身は、覚えているだけでも50回以上は参加していますので、良いところも悪いところも理解した上で利用していました。

今回は、これから婚活パーティーを利用しよう!と言う方向けに婚活パーティーの実態をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にして実態を理解した上で、大いに婚活パーティーを活用してみて下さい。

 

婚活パーティーのメリット

  • いろんな人としゃべれる。
  • 真剣に結婚したい人ばかりくる。
  • たくさんの人と一度にお話ができる。
  • 一回のパーティーで必ず完結する。

まずメリットについてですが、たくさんの異性の方とお話しできるというのがメリットになります。大抵一回の婚活パーティーで男女ともに10人ずつと言う人数配分が一般的になります。婚活したいと言う人をこれだけいっぺんに集めると言うのはなかなか大変ですよね。

そして、婚活パーティーに来る人はお金を払ってでも婚活したいと言う真剣に結婚したいと言う人ばかりが来るのがとっっても良い点です。つまり冷やかしがいないと言うことです。

飲み会ですと、婚活をしたいと言う人もいますが、単純にお酒が飲みたいと言う人もいますよね。婚活パーティーに行けば、こういった単純にお酒が飲みたいと言った人は来ないので、真剣に結婚したいと言う方にとってはとてもお勧めです。

 

オススメの婚活パーティーは?

76d34e7763efe4537e4b24fa5af5989e_s

婚活パーティーにもいろいろありまして、私のオススメは、男女ともに7人〜8人ずつ参加するような婚活パーティーを好んでいました。

男女ともに10人を超えてしまうようなパーティーは、ぐちゃぐちゃしすぎていて話したい人と話せません。よって7~8人ずつ合計16人ぐらいで参加できるようなパーティーに行っていました。

さらに言うと、ちょっと食事がついたりアルコールがつくような婚活パーティーがお勧めです。これすごく重要です。殺風景な机と椅子だけが並ぶような婚活パーティーは正直うち解けません。

初心者の方は、ある程度人数が絞られた上で、食事も出来るような婚活パーティーを探して参加すると良いでしょう。

デメリット

  • 喋りたい人に必ずしもしゃべれるとは限らない。
  • 一部の人だけ、異様に競争率が高かったりする。
  • 一対一で、じっくり話したい人には向かない。

婚活パーティーのデメリットですが、やはり、人気のある人にみんな集中すると言うことでしょうか。ものすごく可愛い女の子がいると、婚活パーティーでは7~8人の男性がその1人の女の子に群がります。

もしそのかわいい女の子が、仮に私に好意を抱いていたとしても、物理的に7~8人の男性が群がるので、しゃべる時間が限られてしまいます。(女性の場合も同様です。人気のある男性は、女性が殺到します。)

1度に複数の人と会うと言う事は、ライバルが増えるということにもなります。この点は、たくさんの人といちどに会えると言うメリットの裏返しになりますので致し方ないですが、理解した上で利用する必要があるでしょう。

結論

2de175ed76b5ae280ecb86978e129c61_s

メリット・デメリットさえ理解できていれば、大いに利用する価値があります。真剣に結婚したい人ばかりを集めてくれるところはそうそうありません。街コンでは得られない、真剣な出会いがあります。利用したことがない人は、ぜひ利用してみてください。

 

おまけの知識

1人の女性が1人の男性とじっくりお話ししたいと言う方は婚活パーティーよりも婚活バーの方がオススメです。

婚活バーとは、基本的に1体1で話す場所なので、気の合う異性とマッチングされればその方とじっくり話せるのでとても有意義になります。

ただし婚活バーにもデメリットはあります。婚活バーのメリットデメリットについてはまた別の機会にご紹介いたしますね。

 

スポンサーリンク
関連キーワード