スポンサーリンク

今回は、最近買ったものの紹介です。

Apple Watch series2を買って、最初にやったことは、ベルトの交換でした。スポーツタイプのApple Watch を買ったのですが、さすがに仕事にゴムバンドをしていくわけにもいかず、サードパーティー製のベルトを買いました。

今回は、私の買ったベルトがとっても良かったので紹介します。

私が買ったApple Watch のバンドは、JETechという会社のステンレススチールバンドです。

2016y10m10d_005023014

Amazonで探して、一番安かったのと、Amazonでの評価がよかったので買いました。Apple Watch series2につけられるという記事はなかったのですが、安かったのでダメモトで買ってみたら何の問題もなく装着できました。

装着してみた結果がこちらです。

img_3976

img_3981

img_3982

img_3983

img_3985

特に問題なく使えます。

ベルトの長さ調整は多少めんどくさいが簡単。

この商品の良かった点としては、ベルトの長さ調整のための「調整器具」も付属でついてくることです。

img_3990

img_39901

皆さんは、時計のメタルバンドの長さ調整はやったことがあるでしょうか?時計屋さんで時計を買うと、お店の人がやってくれるので、意外とやったことない方も多いのですが、やってみるとすごく簡単です。

バンドの調整方法をご紹介

やり方としては、バンドを調整器具の上にセット。その際、バンドの向きだけ注意。向きについては説明書に書いてあるから読めば簡単にわかる。

  1. 万力の要領で、ピンを押してあげる。
  2. ピンを抜く
  3. 駒を外す。
  4. 今度は逆の手順。ピンを指す。
  5. ピンをハンマーか何かでたたいて押し込む。(私はこの調整器具のカドッこでたたいて押し込みました。ついでに万力でちょっと押し込んだらキレイにはまりました。)

要は、ピンを抜いて、駒をはずし、ピンを戻すだけ。ピンも刺さっているだけなので、押し出して、押し込むだけのシンプル構造です。

私は初めてやりましたが、簡単でした。

仕上がりは上々。

装着してみた感想としては、とっても良いです。

これで仕事場にもApple Watch series2を何の心配もなく持っていけます。さすがに職場に白いゴムバンドのApple Watch を着けていくのは気が引けるので、このスチールバンドを買ってよかったと思っています。

もし、Apple Watch series2を購入した方で、スチールバンドを探している方がいれば、これはお勧めです。購入の際は、時計の幅サイズに合わせたバンドを買ってくださいね。Apple Watch series2は、幅が42mmと38mmがあるので、バンドもその幅に合わせたものを購入する必要があります。(私のサイズは42mm)

今回は、Apple Watch series2用のスチールバンドのご紹介でした。

スポンサーリンク