スポンサーリンク

就職活動のあり方が大きく変わっています。

最近、就職活動のあり方が大きく変わっているご存知でしょうか。一昔前までは、合同の就職説明会にたくさんの学生が押し寄せて各企業を回ると言うのが主流でした。

ところが最近はこんな非効率なやり方をやめようと言う流れが大きくなってきています。

優秀な学生を企業がスカウトする

最近の就職活動の主流は逆求人です。もう少しわかりやすく言うと、企業が優秀な学生をスカウトするということ。

学生が就職活動するのではありません。企業が学生を訪問しスカウトするのです。高校野球にて、将来有望な学生を球団がスカウトしに来ますよね。あれと一緒です。

大学の研究内容であたりをつける

最近特に流行り始めているのが、大学の研究内容について企業が調べて、特に優秀な学生にあたりをつけると言うやり方です。

本当に優秀な学生と言うのは、大学の研究を行っている時点からとても目立ちます。

大学の研究室であたりをつける

これは昔からある方法ですか、一流大学の有名な大学のゼミや研究室に、企業が集中的に採用活動かけるというやり方です。一昔前ではリクルーターと呼ばれる方法です。

一流企業の一流ゼミであれば、本当に選りすぐりの人材がゴロゴロいます。企業は一般的な学生を相手する前に、こういった一流の学生と仲良くなりに来ます。

一流大学だけを招待する企業説明会

最近では、一流大学だけが参加できる企業説明会も増えています。ええ。えこひいきです。でも就活でのえこひいきや、大学での足切り行為は当然のことだと思います。

企業にとって、すべての学生にチャンスを与える必要などありません。就職活動が始まると必ず行われる議論として、大学名による足切り行為は、不当だと騒ぐ学生がいます。ですが、私は大学名による選別や足切り行為は当然あるべき行為だと思っています。

ただでさえ採用活動の期間は短く限られているのに、本当に短い時間の中で極めて優秀な学生を採用しようと思ったら、何かフィルターをかけて一気に学生を絞り込むと言う作業がどうしても必要になります。

就職活動も、社会人生活も全ては競争です。採用する企業もライバル企業と争っています。優秀な学生を1人でも確保しようと血眼なのです。

大学名での選別に不満があるのであれば、とりあえず東京大学に入っておけば良いのではないでしょうか。学費も安いです。

お金がないのであれば、奨学金を受ければ良いのではないでしょうか。奨学金が受けられないのはあなたが優秀ではないからです。

とりあえず何となく東京大学に入っていると言う学生もたくさんいます。二流大学、三流大学にしか入れない人は、所詮それまでの人材なのです。

本当に優秀な学生は就職しない。

さらに言ってしまえば、合同就職説明会なんかに参加している時点で負け組だと思った方が良いでしょう。

いわゆる勝ち組と言われる学生たちは就職活動などしません。何もしなくても一流企業が、うちの会社に入ってほしいと迎えに行きます。大学卒業時にスカウトが来なかったら、負けたと思ってください。

就職において、企業が迎えに来ないと言う事は所詮それまでの人材と言うことです。

さらに言えば、本当に優秀な学生は就職すらしません。就職する事はデメリットしかないでしょう。

就職してしまうことのデメリット

就職すると生活の大半の時間を企業に持っていかれるわけですが、給料は所詮一か月当たり20万円から30万円のレベルに限定されます。これは本当に優秀な学生にとってはデメリットでしかありません。

本当に優秀な学生は、企業何かに頼らなくても自宅でパソコン1台だけ与えられれば1月に100万円以上稼ぐことも可能です。

会社に入って、頭の悪い上司に、わけのわからない指示を出されて、給料は20万円程度で頭打ちになるそんな価値のない生活を選びません。

とりあえずインターネットで1000万円位稼ぎ、その1000万円を元手に不動産に投資したり、自動販売機をたくさん設置したりして不労所得を得る仕組みを早々に作り上げるでしょう。

優秀な学生は、合同就職説明会に行く気など毛頭無いのです。

就職=会社説明会と言う考えをやめよう。

大学の卒業時期になると、みんなこぞって就職しようとします。そして就職しない学生のことを、負け犬のように扱う人がいますが、時代遅れなのでやめましょう。

時代の変化や技術の進歩によって、就職しない方がお金を稼げるそんな時代になっています。時間がたくさんある学生時代に置いて、お金の稼ぎ方とはどんなものがあるかそして、自分に合うお金の稼ぎ方とはどんなものかじっくり考えてみると良いでしょう。

ぜひ自分にはお金の稼ぎ方を見つけて、幸せな人生を歩まれることをお祈りします。

スポンサーリンク