スポンサーリンク

いきなり美女から「好き」と2文字だけ送られた話

実際に私が体験した話ですが、当時、LINEもなかった時代に、メルアドの交換をして最初のメールを交換したときに「好き」という2文字だけ送られたことがありました。

当時、かなり驚きましたが、正直言うとうれしかったです。(相手がかわいかったということもあります。)

ぶっちゃけて言いますと、ぼくも好きかも❤︎と思ってしまいました。(←ぼくも若かった。)

次に会う時には、ビンビンにその女の子のことを意識するようになってしまいました。

私は、恋愛では積極的に自分から行く方ですが、積極的にされるとうれしいものなんだなと、勉強になった出来事でもありました。

bef502d97bca77abb1cfae9fb32104d5_s

この出来事からもわかる通り、ストレートに好きと言われるといやな気にはなりません。記憶に明確に残るのです。その後うまくいくかどうかは、運次第です。

皆さんは、恥ずかしがらずに「好きです」と言えていますでしょうか。はっきり言うことはものすごーく重要です。

最近は、そういったストレートに自分を伝えるという恋愛ができる人も少ないのかなと思い、「恋愛で自分からアクションをとる。はっきり自分の気持ちを言う」ことの重要性を考えたいと思います。

婚活において、ビビっているヒマはありません。どんどん積極的にいきましょう。

注)ちなみにその女性との結末ですが、その女性には彼氏がいました。きっと僕はもてあそばれたんだろうと理解して略奪はしませんでした。オラオラ系の彼氏さんでしたので逃げたかったのかな?ドライブに誘われたり、泣かれたりと、なんとなくやばいにおいを感じましたので。他の彼氏がいない女性に積極的に行きました。

婚活は自分から動こう!

基本中の基本なので、改めて言う事でもないと思っていたのですが、できていない人が多いので改めて記事にしました。

婚活でとても重要な事は、自分から積極的に動くことです。自分ではできていると思っている人も多いですが、ここ一番の大切なシーンでは、意外とできていない人が多いです。

もし婚活をしていて気になった人が現れたら、必ず自分から動いてください。

  • 自分から声をかける
  • 自分からデートに誘う
  • 自分から好意を伝える
  • はっきりと好きという
  • 自分から告白をする

全て自分から積極的に行動を起こすべきだと考えます。

積極的に言ってよかった!

待ってる場合じゃない!

意外と多いのが、相手の行動を待っていると言うパターンです。

理由は決まって恥ずかしいからです。自分から告白したりデートに誘ったりすることが恥ずかしいと言うのです。

婚活を真剣にやっているのに、恥ずかしがってる場合か!と激しく腹が立ちますが、本当に恥ずかしがり屋さんが多いことに驚かされます。

なぜ積極的に行かねばならないのか

なぜ積極的に自分からいかなければならないのか。その理由は明確です。

待っていてもいいことが1つもないからです。

日本人の恋愛市場では、男子も女子も恥ずかしがり屋な人がとても多いです。その結果どうなるか。なんとなくいいなぁとお互いに思っていても、お互いが連絡をとらず恋愛に発展しないと言うわけのわからない事態が多発します。

婚活をしているのに、せっかく気になる人が現れてもアクションが起こせないようでは、一生気になる人と結婚できません。

そう。いい人が現れると、とたんに固まる人は一生結婚できないのです。

どうでもいい人とは話せて、好きな人とは恥ずかしくて話せない・アクション取れないのでは一生結婚できません。すぐに改めましょう。

婚活で、気になる人が現れると言うこと自体かなりの奇跡です。それなのに自分から行かなくてどうするとどうしても思ってしまいます。

気になる人が現れたら必ず自分からアクションを起こすこと。恥ずかしさは全て捨ててください。

恥ずかしいと思う感情が芽生えたらそれは、気になる人が現れたと言うサインかもしれません。

嫌われることばかり考えるな

気になる人にアクションをとって、嫌われることもあります。ですがもちろんうまくいくケースもあります。

嫌われる確率は2分の1です。嫌われることを恐れて何もアクションを取らないのは、絶対うまくいきません。

勇気をだして一歩を踏み出そう。

恥ずかしがり屋な人に必要なものは勇気です。どんなに素敵なひとでも、いくじなしはモテません。女性であっても、どんどん攻めましょう。チャンスが広がるかもしれません。

あなたが「いいな!」と思う人は、他の人がみても良いはずです。つまり放っておけばそのうち他人のものになってしまいます。

アクションを取らなければ、自動的に他人にとられると思いましょう。

気になる人を見かけたら、自動的にアクションを取ること。

時間があれば、グルメなど、他愛のない話から距離を縮めるのが良いでしょう。時間がなければ「すごくタイプなのでデートしてください」と真顔でいいましょう(笑)

会った初日で「好きです」というのも、もちろんありです。

だって好きならしょうがありません。結構うまくいくケースも多いと思います。恋に臆病なひとはがんばって。応援致します。

スポンサーリンク