スポンサーリンク

婚活で結果が出ない

婚活で結果が出なくて悩んでいる人の話です。

皆さんは婚活で結果が出なくて苦しんだりした経験はありませんか?

私は婚活が5年うまくいかず、大変苦労しました。今回は、そういった私のつらかった経験も交えながら、婚活で結果が出ない時の対処方法をご紹介したいと思います。

婚活で結果が出ないとはどういうことか

婚活で結果が出ないと一言で言っても、人によっていろんな状態があります。

例えば、合コンや婚活パーティーで、恋人が出来ないことを言う人もいれば、結婚相手が決まらないことをうまくいかないという人もいます。

ここでは、最終的なゴールである、結婚相手が見つからないことについて考えます。

婚活がうまくいかない(結婚相手がみつからない)原因は何?

婚活がうまくいかないことの対処をするためには、正しく原因を知る必要があります。婚活がうまくいかない(結婚相手がみつからない)原因はなんでしょうか。原因を考えてみましょう。

原因①私に悪いところはないと思っている。

婚活がうまくいかない原因で、結構多いのがこのケース。

相手の男性が悪い
相手の女性が悪い

と、ずーっと言い訳言っているケースです。婚活がうまくいかないのは他人が悪いとのこと。
はたして本当でしょうか。他人のせいにしたいのはわかったけど、100回合コン行って、100回とも相手が悪いってホント?
なんかおかしくないですか?

そう。本当は悪いのは自分なのです。初対面の人100人いて、100人が悪いから結婚できないなんてありえない。
まずは、うまくいかない原因は自分にあると疑いましょう。
自分の改善するところが見つかったらラッキーです。
その原因さえ直せば、今後の婚活の成功確立はグンと上がります。

自分が悪いと気づけたら、婚活がうまくいく第一歩を踏み出せたと思って良いでしょう。

原因②やり方が間違っている。

真面目に、一生懸命がんばっても婚活がうまくいかないことだってあります。

そんな時は、やり方(手段)が間違っていないかを疑ってみましょう。
たくさん合コンに行くことを婚活だと思うと失敗します。

婚活を始めたばかりのときにはわかりませんが、婚活にもある程度オーソドックスで正しいやり方というのが存在ます。
理論的には、未婚の異性が集まっていて、そこに行けば必ず新しい出会いがあるところに行くということです。
この基本を押さえずして、闇雲に合コンなんかに行っても、自分が望んでいる結婚相手の候補がたくさんいるとはなりません。

エネルギッシュに婚活するのは良いことですが、まずは、婚活の正しいやり方を確認してみてはいかがでしょうか。わたしも、婚活で異性に出会う場所を探し当ててから、そこに通うようにしました。
正しいやり方で婚活すれば、効果アップ間違いなしです。

原因③忙しくて活動していない。活動がすくない。

3つめは、活動量が足りていないという問題。

日々の仕事が忙しくて、ついつい婚活を疎かにしてしまう人が多いです。仕事熱心な方に多いケースですね。

こういったバリバリ働いてしまう人は、普段は良いのですが、ふとした瞬間に婚活の重要性を思い出します。
逆に自分の誕生日や、正月に実家に帰省したりすると結婚を意識するのですが、普段の会社生活に戻ってしまうと、婚活を忘れます。
仕事が忙しいのはわかりますが、婚活を忘れてしまってはうまくいきません。

婚活がうまくいかない時の対処方法

婚活がうまくいかないことは誰にでも起こることです。特別なことではありません。
正しい対処方法を施せば必ず軌道修正できます。
もし、今現在婚活に悩んでいる方がいらっしゃれば、ぜひ以下の対処を参考にしてみてください。

対処方法①うまくいかない原因は自分にあると疑ってみよう。

婚活で、失敗を他人のせいにするクセがあるひとは、まず全てのことを自分の責任だと思うようにしましょう。他人のせいにしたい気持ちもわかりますが、いったん抑えてみることをお勧めします。
婚活は、たしかに運も関係ありますが、自分の努力で運を引き寄せることができるものです。

また、他人のせいにするクセをつけると、あらゆることを他人のせいにしてしまうので、自分が努力しなくなります。
結果として、婚活がうまくいかないのを他人のせいにすると、自分に良くない結果になりますので、改めましょう。

対処方法②やり方を見直そう。

婚活には正しいやり方があります。自分がターゲットにする異性と効率よく出会わなければならないのです。
しかも、できるだけ労力をかけずに、そして定期的に出会う場所を探さなければなりません。
婚活のやり方が間違っているひとは、こういった効率よく出会う場所を見つけられていないのでしょう。
ちなみに私の場合は、婚活バーや料理教室も良い出会いの場でした。
むやみに活動する前に、ぜひ婚活の作戦を立てることをお勧めします。

対処方法③活動量を増やそう。

活動量が足りていない人は、人生で自分にとって一番大切なことがなんなのか常に意識するようにしましょう。
私は、婚活していた当時、人生の優先順位を、
1健康、2婚活、3ゲーム、4仕事としていました。
仕事より婚活が断然上です。

婚活よりも仕事の方が優先だという人は多くいます。しかし、仕事を優先しているうちは、まず結婚できないでしょう。

夕方、一生懸命残業していませんか?
その残業、全てやめてしまいましょう。その残業をしたところで幸せにはなれません。

婚活よりも仕事を優先してしまう人は、自分の人生を見直して、優先順位を考え直すのが良いと思います。

まとめとアドバイス

私が婚活について絶対の確信を持って言えることは、つらい婚活は続かない。ということです。

楽しく婚活できる仕組みづくりが重要です。

そもそも、婚活とはつらい活動です。最終的に結婚できるまで、フラれたりフったりする活動の繰り返しだからです。

そんな苦しい婚活ですから、出会いを楽しめるように工夫することが良いでしょう。
私の場合は、婚活の出会いの場と、自分の好きな料理という趣味を混ぜて、料理しながら婚活するようにしました。

もし趣味をお持ちの方は、趣味と婚活を組み合わせても良いでしょう。
料理と婚活、テニスと婚活、ウォーキングと婚活など。楽しむと長続きします。

婚活は、いつゴールにたどり着くかわかりません。来月かもしれないし、来年かもしれない。ちなみに私の場合は5年かかりました。(笑)

婚活がつらくてうまく行っていない方は、ぜひ一度立ち止まってみてください。
腰を据えて取り組むことが、婚活をうまくいかせる一番の近道だと思います。

スポンサーリンク