こんにちは。ネッスーです。

本日は、婚活がなぜ難しいのかについてお話ししたいと思います。自分の経験談に基づいてお話ししますので、良い部分も悪い部分も参考にしてもらえたらうれしいです。

スポンサーリンク

死ぬほど婚活した。

みなさんは、死ぬほど婚活したことありますでしょうか。ちょっとだけ婚活したことあるという方は、結構いると思います。ちなみに私は、本当に、めちゃめちゃ婚活をやりまくりました。

それこそ29歳から34歳くらいまで、仕事そっちのけで、死に物狂いで。

婚活パーティー2

婚活どれくらいやったか?

合コンは月に6〜7回のペース。1日に2回ってこともありました。(朝、テニス合コン、夜飲み会の合コンなど。)

相手探すのも大変だったため、紹介してくれるインターネット業者を使ってました。

あとは、婚活パーティー。いわゆるマッチングパーティーですね。暇ができると、これで時間を埋めてました。※ちなみに私は街コンはキライでしたので、街コンは行っていません。

さらに婚活バー。合コンと違い、女性と一対一になります。20分くらいで、この人いいなと思ってもらえるかどうかのシビアな世界です。シビアな分、上手くいくと成果も大きかったです。

あとは、仲間からの紹介。これだけ派手に合コンやりまくっていると、会社の同僚や同期の中でもウワサになります。(笑) 婚活を1、2年やった頃から、友達が心配して、ガンガン女の子を紹介してくれるようになりました。

あとは、スレてない女の子と出会いたくて、料理教室に通ったり。婚活目的でしたが、副産物として、料理がめっちゃ上手くなりました(笑)蕎麦とか打てるようになりました。

死ぬほど婚活したから見えたこと。

死ぬほど婚活したからこそ、見えてきたことがあります。逆に言うと、死ぬほど婚活しないと見えてこないということです。

それは、ゴールは自分にしか決められない。ということ。いくら相手の方が好きと言ってくれても、自分が嫌なら、婚活は終わりません。

そして、ひとりひとりのケースが全部違う。というところですね。私の友達が考える最高の結婚相手と、私が考える最高の結婚相手は違います。もちろん私のステータスと友人のステータスも違いますから、何かを参考にしていれば結婚できるということにはならないのです。

婚活は何が難しい?

婚活は、何が難しい?と聞かれると、ゴールは自分にしか決められない。ということに他なりません。

しかもそれは、理屈の世界だけでなく、本能に関わる世界なので難しいのです。

婚活をしていた時、自分でも自分が嫌になったことが多々ありました。自分の事を良いと言ってくれる人が現れても、なんとなく自分は気に入らないというケースが発生するのです。

ステータス的には素晴らしい方。でも、本能的に何かが嫌なのです。

他人からは、何が嫌なんだと悪口すら言われます。でも嫌なものは嫌なのです。

婚活は、究極を言えば自分との戦い。そして、自分を知るという戦いでした。でも己を知り、納得して婚活を卒業すると、今までの執念は無くなり、まるで成仏するかのように、納得して結婚できます。今、婚活に燃えている方は、ぜひこの心境になるまでがんばってほしいと思います。

その甲斐あってか、いまは幸せな結婚生活をおくっています。自分が納得した結婚だから、当然ですかね。以上、婚活の難しさでした。

 

 

スポンサーリンク