スポンサーリンク

頑張れレゴランドジャパン!

名古屋のレゴランドジャパン(LEGOLAND)ですが、敷地面積は東京ディズニーランドやUSJより小さいものの、予想以上におもしろそうな内容になってきました。

今回は、具体的な施設内の様子を紹介したいと思います。

レゴランドは2017年4月1日にオープンする屋外型の施設です。名古屋駅からはあおなみ線にのって、金城ふ頭駅すぐにあります。

コンセプトはこどもファースト!

昨今都民ファーストなどで流行っている、〇〇ファーストですが、レゴランドジャパンのコンセプトは明確で、こどもファーストです。

つまり、2歳から12歳のこどもと、その家族が楽しめるようにつくってあります。うーんぼくの家族にぴったり。

レゴランドの圧倒的な特徴は、2歳の子供もお客様の対象になっているという点です。つまり、ディズニーやUSJよりも、ちーっちゃい子供をターゲットにしています。

家族3世代で思いで作りに来るんだったら、レゴランドはオススメなのです。おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出作りにどうぞ!

レゴランドとしては世界で7か国目。レゴランドジャパンのアトラクションは40を超えます。ナゴヤドーム2個分の敷地のなかに入ります。

7つのエリアに分かれています。

レゴランドは7つのエリアに分かれています。

  1. ファクトリー
  2. ブリック・トピア
  3. パイレーツ・ショア
  4. アドベンチャー
  5. レゴシティ
  6. ミニランド
  7. ナイトキングダム

具体的に紹介すると、レゴランドの内容は以下のようになります。

①ファクトリー(FACTORY)

ファクトリーではレゴができる様子をみることができます。ファクトリーとは工場見学のことですね。見学した後はでき立てのレゴがもらえるとのこと。また、アジア最大級のショップ(BIGSHOP)もあり、ここでしか買えないレゴも手に入ります。

②ブリック・トピア (Bricktopia!)

レゴの雰囲気を取り入れたメリーゴーランドがあり、子供がワクワクすること間違いなしです。

また、レゴランドのシンボルとなるタワーもあり、このタワーは乗り物になっています。360度回転しつつ50mを超える高い場所から、名古屋の景色が一望できます。

③パイレーツ・ショア (PIRATE SHORES)

パイレーツ・ショアでは海賊気分が味わえます。レゴシリーズの海賊船がでっかくなっちゃいました(笑)。海賊船からの滑り台や、水をつかったシューティング施設があり、親子でスプラッシュバトルができます。私も子供から水鉄砲で撃たれたら、うれしくて泣いちゃいそうです。

④アドベンチャー (ADVENTURE)

アドベンチャーでは、潜水艦の乗り物で色とりどりの魚とレゴの世界をみたりできます。

⑤レゴシティー (LEGOCITY)

レゴシティーでは、ゴーカートに乗って車の運転を学び、ここ独自の免許が取れたりします。

⑥ミニランド (MINILAND)

ミニランドでは、レゴでできた日本を一周ができます。

1050万個のレゴブロックで日本のランドマークを再現するとのことですので、本当に楽しみですね。

名古屋の名古屋城や、東京、大阪の建物がレゴで作られるようです。

⑦ナイト・キングダム (Knights Kindgdom)

ナイト・キングダムでは、コースターデビューができます。レゴでできたかわいいドラゴンのコースターに乗れるのですが、他では実施されていない工夫もされています。

実はコースターは2つあり、2つ目のちいさいコースターでは、通常のコースターに乗れない小さな子供でも楽しめる。初めてのコースターデビューはレゴランドで!という流れができそうです。うちも早くここで写真が撮りたいです。

もちろん美味しい食事もとれます。

施設内には5つのレストランがあります。

ナイト・テーブル・レストランでは、中世ヨーロッパをイメージしたレストランがある。美味しい食事がとれるのは間違いないでしょう。名古屋メシをアレンジしたメニューも検討中とのこと。

また、開発中ではありますが、レゴポテトも話題性も十分。(←レゴの形をしたポテト。)食べてみたいです。

これは流行りますぞ!!

レゴランドは現在アジアにはマレーシアにしかないので、これを目当てに名古屋に来る海外のお客様も多いはず。

価格は大人が6900円、こども(3~12歳)が5300円とのこと。これだけ充実していれば手ごろな価格でしょう。

名古屋が盛り上がるのは楽しみです。たぶん流行るのでさっさと拡張してねレゴジャパンさん。

がんばれ名古屋!がんばれレゴランドジャパン!!

スポンサーリンク