スポンサーリンク

飲み会に行くのやめました。

会社の飲み会はサラリーマンなら必須だと思ってきましたが、昨年あたりから飲み会に出席するのをやめました。

10年以上飲み会に出席してきましたが、その結論としては「意味ないな。」という結論です。

行きたくもない飲み会に行っても、得られるものはありませんでした。

そもそも飲み会のメリットは?

わたしが永きに渡って飲み会に出ていた理由は、人間関係の構築です。サラリーマンとして職場の人間関係をよくしておかなければ!と思っていました。

ですが、普段から顔を合わせているメンバーと飲み会をやっても、人間関係について特段の進展はありません。へそ曲がりのおっさんと呑んでも、へそ曲がりは治りませんし、翌日も人間関係は変わりません。

飲み会など完全に無意味なのです。

ちなみに大学生時代に飲み会に出ていた理由は、カワイイ女の子との出会いを求めていました(笑)

大学生の飲み会は意味がありますが、サラリーマンの飲み会は意味がないのです。

飲み会のデメリット

私が感じている飲み会のデメリットは下記の通りです。

  • 金が減る。
  • 疲れる。
  • 酒が好きじゃない
  • 自分の時間が減る
  • 職場の人間関係という目に見えないものに時間が取られる。

よくまぁ、今まで飲み会に出てたなぁと、我ながら思います(笑)

冷静になって考えた結果、やめたほうがいいと思うようになりました。

飲み会の断り方

わたしの飲み会の断り方ですが、主に下記のような断り方です。

  • 体調がわるい←誘われなくなる
  • 家族が待っている
  • いつも行かない←誘われなくなる
  • 子供が小さい

ポイントは、今後誘われなくなる断り方をすること。いちいち理由を考えるのはめんどくさいので、2度と誘われなくなるような理由を心がけています。

おすすめの断り方

気が弱い方へのオススメの断り方は、やはり体調が悪いです。

さらに言えば、飲み会に行きたいけれど、体調が悪い。というのもあり。

気が強い方は、行かないの一言でいいと思います。

私は最近は、行かないの一言で済ませてます。

実践した結果を紹介

飲み会こいよ~←うるさい。

体調悪い

体調悪いといった結果は、「どこが悪いの?」「ふーん」といった感じ。普通に断ることができました。

ですが、「飲んでも大丈夫だよ」とか、「病院を紹介してやる」などと、余計なことを言ってくる奴が増えてきたので、長期で使うには少々めんどくさいと思いました。

お酒弱い

また、「アルコール弱い」を理由にしても、「飲まなくていいから顔だけ出せ」とかいうわけのわからないおっさんも多いので、これもめんどくさいでしょう。

行きたくないから行かない。

究極の断り方は、「あ、ぼくいかないです。」「理由?飲み会は苦手なので。」だと思います。

これで相手が反論してきたら、「行きたくないです。」でOKだと思います。

シンプルが一番だと思います。

結論 断る気持ちさえあれば、なんでも良い。

職場の新人さんは飲み会を断りづらいかもしれませんが、思いっきり断っている新人さんもいます。

飲み会好きじゃないんすよね〜。とか言って。「飲み会に来い!」という上司もいますが、行かないっす。予定あるんで。おごってくれますか?とか言ってます。

会社の飲み会はメリットがあるわけでもないので、行きたくない方は、断りまくりましょう。

そのうち、あいつは誘っても来ないという雰囲気が出来上がります。

こういった雰囲気が醸成されてきたら、あなたの価値です。

ぜひ飲み会を減らして、そのお金で自由な時間を過ごしましょう!

スポンサーリンク