スポンサーリンク

私の職場にて、孤立している人がいます。

現在、私の職場では孤立している人がいます。こういった人には共通点があるなぁ〜と感じるので、今回は孤立する人の共通点をご紹介したいと思います。

孤立する人とは、シンプルに言うと嫌われている人です。社外から嫌われるだけでなく、社内でも嫌われるって相当ですね。

私が過去に接して来た、孤立する人の特徴は下記の通りです。

  • 自分は絶対正しいと思っている
  • 攻撃性が高い
  • 思ったことをそのまま言う
  • 自分の理想だけを言う
  • 相手の立場に立てない
  • 反論だけは上手い
  • 論理破綻したことを、わかった風に話す。
  • 態度が顔にでる

とまぁ、こんな感じ。

結果、社内からも社外からも嫌われます。

まぁ、当然ですね。

社会は一人では回せないよ。

こう言う人は基本的に、仕事や社会は一人では回せないことを理解していません。

一人で完結できる仕事もありますが、そう言う仕事をやりたいなら、独立したほうが良いでしょう。

30歳過ぎて孤立するヤツは痛い。

20代で孤立するならば、まだ、若いなぁで済むのですが、30代過ぎて孤立している場合は末期症状です。

周りはもう、いい年のおっさんに助言などしてくれません。ただの痛い人として扱われます。

最初に嫌われてされてしまうと、どんどん味方を失って行きます。

そして、孤立する人の末路は大体決まっています。

孤立する人の末路

孤立する人には大体悲しい未来が待っています。理由は簡単です。同僚だけでなく上司も敵に回してしまうからです。

どこかの時点で不満が爆発し、同僚ならまだしも、上司に噛みつきます。

上司にたて突いて、相手にもされずに軽くあしらわれて、転勤で左遷されて行くと言うのが、王道のパターンです。

最後は根底にある精神性がしっかりしてるか。

孤立してしまう根本原因は、精神の幼さにあると思っています。社内でも社外でも、不満に思うことはたくさんありますが、それをいったんは我慢する精神的強さが求められます。彼らにはそれがないのです。

さらにいうと、いったん我慢したうえで、コミュニケーションを通じて問題を解決する必要があります。

孤立をさけるためには、我慢とコミュニケーションが求められるのです。

逆に愛される人の特徴は?

逆に、どんな状況でも味方が増える人もいます。社内で愛され、社外からも愛され、本当のピンチの際には必ず周りが助けに来ます。

そういう人は、どんな特徴があるのか。愛される人は、問題があっても不満を言わず、卓越したコミュニケーション能力で問題を解決します。

さらには、周りへの感謝をはっきりいう人が多いです。こういう人は味方も多く、どこに行っても何をやってもうまくいくでしょう。

まとめ 孤立しないために

いかがでしたでしょうか。ぜひ、職場や仲間内で孤立しないように自分を律して行きましょう!周りへの感謝を忘れずにいれば、孤立することなく仲間が増えると思いますよ。

スポンサーリンク