こんにちは。

皆さんは転職って考えたことありますか?わたしは考えていますし、常に考えています。なぜ常に検討しているかというと、今の会社が未来永劫続くとは限らないからです。

会社が良くない状態になった場合、すぐに転職できるように常に情報を得るようにしているのです。

いつ会社がつぶれても大丈夫なようにしておくことが、これからのサラリーマンには必須です。そういう意味で、転職活動とは、常日頃からやっておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

転職ってどう決断する?

転職に関するノウハウは色々と本やネットに出ていますが、基準は人それぞれでしょう。

ただ、私のようにお金にばかりこだわる人は、「楽して儲かるか」がひとつの基準だと思います。今回は、転職を決意する際の基準についてご紹介します。

転職を決意する3つの基準

転職を考えるときというのは、大概、心理的に焦っています。より良い仕事をもとめていますが、同時に現在の仕事に不満がえるわけですから。

そんな時に、冷静に転職を決断するための3つの基準をご紹介したいと思います。

私が考える転職を決断するための3つの基準は、下記の通りです。

  • 金 (生涯年金)
  • 仕事の難易度
  • 続けやすさ (勤務地、家族の同意など)

気をつけて欲しいのは、みんな一つ目の金にしか目が行かないということ。本当にこれで失敗する人が多いので気をつけて頂きたいです。

なぜ金だけで転職するとなぜ失敗するのか。

私も転職活動を長くやっていますが、いろいろと話を聞いていると金しか見ていなくて失敗する人が本当に多いです。

確かに転職する理由の大きな理由として年収は重要なポイントとなりますが、年収が高いからといってどんなに辛い仕事でも耐えられるわけではありません。

年収だけでなく、

  • 仕事は難しすぎないか
  • 正当に評価されるか
  • 休みは取れるか
  • 残業時間は短いか
  • 通いやすいか
  • 解雇は頻繁にあるか
  • 退職金はどうでるか など、

年収以外のこともしっかり確認しましょう。

転職自体が難しいと心得よう

転職は難しいものです。なぜなら仕事内容が変わるだけでなく、これまで常識とされていた仕事環境まですべて変わってしまうからです。

仕事環境が変わることの具体的な影響としては、

  1. 人間関係がゼロになる。
  2. お作法が変わる。(承認の取り方など。)
  3. 会社の思想や文化も変わる(前向きがいいのか、ミスしないことが重要なのかなど。)

などが代表的な例です。

年収がアップしても、仕事仲間や会社の風土が変わったことで、なかなか活躍できないといったことも多くあります。お金だけで転職先を決めるのは危険ですのでやめましょう。

年収、仕事の難易度、続けやすさを総合的にみて、今の職場よりも転職した方がお得だと思えた時が転職のタイミングではないでしょうか。

ぜひいろいろな角度から考えて転職を検討してみてください。

 

スポンサーリンク