会社による体温ハラスメント 新型ウイルスで毎日女性の基礎体温を公表させるのはまずいでしょ
スポンサーリンク

会社による検温ハラスメントが始まりました。コロハラです。

最近、新型ウイルスの蔓延により、会社から体調に気をつけて欲しいという要望を受けました。

折しも、新型コロナウイルスが世界的に蔓延しているので、体調に気をつけてねという依頼はもっともなことだと思います。

しかしながら、2020年3月に入ろうとしたある日、会社から、「男女問わず、全員、朝の体温を測り、会社のサーバーに記入せよ。」という指示がありました。

でもこれって、思いっきり会社ぐるみのセクハラなんじゃないだろうか。大丈夫なんだろうか。正直私は心配になりました。コロナウイルスによるセクハラ。略してコロハラです。コロハラは咳エチケットだけではないと思います。

わたしは40代のおじさんですが、毎朝体温を全社に公開しろと言われて強要されると、わたしのようなおじさんですら気分が悪かったです。

なんで会社の上司から、「意外と体温低いね」とか、「不健康な毎日を送っているんじゃないの」とか言われなきゃいけないのか。わたしのようなおじさんでも不愉快なんだから、若い20代前半の女性社員であれば、もっと気分が悪いと思います。

会社による体温ハラスメントの弊害例

体温なんかでなにかわかるの?という方もいらっしゃるかもしれませんが、基礎体温を毎日会社から報告を義務付けられて、しかも全社に公開されればいろんなことがわかると思います。

例えば、

  • 1、若い女性社員の基礎体温がバレる。
  • 2、若い女性社員の排卵周期がわかる。
  • 3、妊娠したかどうかがわかる。
  • 4、いつエッチしたか、体温から察しがつく。

こんな感じです。

もしも変態おじさん社員がいたら、かっこうのセクハラのネタですよね。

特に女性は、体温を毎日つけていれば、体調や妊娠、妊活、エッチに関するいろんな情報が会社に知られることになります。

気持ちの悪いおじさん上司や、職場の気持ち悪いおじさん、職場の嫌いなお局おばさまにも、基礎体温を毎日報告することになるのです。

なぜこんな極めてプライバシーの高い体温情報を、会社は毎日会社に報告しろ。サーバーで全社員の見えるところに公開しろと言えるのでしょうか。

あまりに理解がなさすぎると思います。

わたしはセクハラする気はまったくありませんが、悪意のある社員がいたら、セクハラし放題だと思います。

体温ハラスメントによって想定できるセクハラ例

毎朝、おじさん社員が若い女性社員の体温をチェックして、それを話題にする。

若い女性社員の基礎体温の周期を、おじさん社員がつかんで、「高温期だね」とか、「低温期だね」とか嫌がらせをする。

高温期の7日目に体温が下がったことを、おじさん社員がチェックして、「こどもできたんじゃない?」「誰の子供なの」「最近エッチしてるんだね」という口実をおじさん社員に与えてしまう。

などなど。

会社が、毎朝社員の体温を、全社員に向けて公開させるということは、若い女性社員にとっては、正に公開処刑に等しいことだと思います。

仮に変態おじさん社員が言ってこなかったとしても、そういう目で見られているってこと自体、女性社員としては、気持ち悪いことこの上ないと思います。

なぜ企業はこんなセクハラまがいの体温公開をさせるのか

なぜ、日本の企業はこんなセクハラと言って間違いない、「全社員への体温公開強要」を強いるのでしょうか。

体温公開を強要するってことは、不妊治療や、子作りの状況や、性生活を会社のおじさん社員に公表しろってことです。

会社は、女性社員から訴えられたら負けるんじゃないでしょうか。

その原因は、日本企業特有のおじさんばかりの同質性にあると思います。ダイバーシティーゼロとも言えるかもしれません。

社員に毎日体温公開を命じる会社の特徴。

わたしは、社員に毎日体温公開を強要する企業の特徴は、「ダイバーシティーの無さ」と、日本企業特有のおじさんばかりの同質性が理由にあると思います。

おじさんばかりの会社だからこそ、体温公開なんかを強要したら、「若い女性が嫌な思いをする」というところに想像が及ばないんだと思います。

おじさんばかりの企業は、その言葉通り、職場におじさんしかいませんから、自分の体温を公開し、他人の体温、とりわけ若い女性社員の基礎体温をじーっと見てニヤニヤするのです。

セクハラは良くない。やめよう。

今回、会社から言われた「体温を毎日全社員に公開しろ」という命令は、わたしはセクハラだと思っています。

ぜひ、コロナウイルスから社員の感染を守るという建前があったとしても、女性社員の基礎体温を毎朝、全社員に公開させるという、公開処刑はよくないです。

日本のおじさん中心社会が、こういった理解のない行為をしなくなればいいなと願ってやみません。

スポンサーリンク